胸の大きさ 遺伝

⇒⇒胸が変わった!当サイトで1番売れている商品はこちら

胸の大きさは遺伝では決まらない

母親の胸が小さいせいで、私の胸も小さいと思われている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、胸の大きさは遺伝では決まらないというのが最近の常識となっています。
胸の大きさを決めるのは、乳腺脂肪体の量であって、それは個人で大きな差があるものなのです。

 

もちろん、胸の大きさに関係する乳腺の発達も遺伝では決まりません。

 

遺伝の要素があるとすれば、胸の下部にある胸骨と胸筋の発達くらいです。
しかし、胸骨と胸筋が胸の大きさに関わる割り合いはごく僅かなもの。あまり影響があるものではありません。

 

胸の大きさは、100%遺伝ではないと言い切れませんが、周りを見渡せば親子でも姉妹でも胸の大きさが違うケースが見られるのは、そのせいなのです。
親子の遺伝は関係あるように思いますが、実はそんなに大きな関係な無いものだということです。

 

では、何故、胸の大きさが遺伝に関わると思っている方が多いのでしょう。
それは、親子だからこその似通った生活習慣に原因があります。

 

乳房内には血管や乳管、リンパ管が張り巡らされていて、そこに栄養や酸素、ホルモンなどが流れる仕組みになっています。
胸が大きく成長するには、成長期に十分な栄養を摂取する事と、成長ホルモンの分泌が必要不可欠となるのです。

 

このメカニズムに関わるのが、生活習慣です。
親子であれば、食べ物の好き嫌いや睡眠時間などの生活リズムが似るものです。
母親が偏食であれば、子供もそれに合わせた食事を摂るようになる場合もあります。
また、ストレスを感じやすい部分が似たりもする事も考えられます。

 

そうすると、胸を育てる栄養や成長ホルモンの分泌量が似たようなものになり、自然と胸の大きさにもにてしまうという訳です。

 

そして、もう一つは姿勢の問題です。
普段の姿勢もバストアップには欠かせない要因です。

 

あまり姿勢に厳しくない母親であれば、自然と姿勢も悪くなりがちになり、それが胸の大きさにも関わってくるのです。
お母さんと後ろ姿がそっくりだね、と言われた経験のある方はピンと来るのではないでしょうか。
姿勢が似れば、胸の大きさや形が似るのは当たり前の事なのでしょう。

 

このような理由で、胸の大きさは遺伝では無く、同じような生活習慣で左右されるということが分かって頂けたと思います。
母親が小さいからといって諦める事はありません。
コツコツとバストアップに励めば、その願いは叶えられるということです。

 

また、我が子に小さい胸が遺伝したら可哀想、と不安になる事はありません。
きっちりとした生活習慣と、正しい姿勢を教えてあげれば良いだけです。
そして、運良く大きな胸を持てた方は、胸が上手く育つ環境を作ってくれた母親に感謝をしましょう。

バストアップマニュアル体験レビュー

 

>>バストが実際に大きくなった写真付体験談はこちら


このページの先頭へ戻る