バストアップ メカニズム

⇒⇒胸が変わった!当サイトで1番売れている商品はこちら

バストアップのメカニズムを知って悩みを解決

魅力的なバストは女性の憧れでもあるということですが、バストの悩みもある人も世の中には多いということがありますよね。

 

ファッションでも「胸元を見せる服をきて見たい」とか、
「産後でバストが気になる」
「年齢でもまだまだ若さを保ちたい」
などというのは、女性であるならではの悩みなんですよ。

 

よく、バストが小さい人・大きい人というのは遺伝的な素質も大きいとかいわれますが、それだけではないということもいえるようです。

 

しかし、バストを大きくしたいという悩みでは効果的な方法などもネットで紹介されているのですが、それはバストについてのメカニズムを知ることで以外と解決策が見つかってくるということですね。

 

それは、女性のホルモンに関係するもので「女性ホルモン」といわれるものです。
それは女性が女性らしい丸みを帯びた体つきになってくる思春期のことを思い出せばわかってくるということです。

 

女性ホルモンと一口にいっても2つの種類があるということですね。
それは卵巣ホルモン(エストロゲン)と呼ばれるもので、皮下脂肪を増殖させたり、女性らしい丸みを帯びたからだをつくります。

 

また、骨・血管・皮膚・粘膜・筋肉・関節などを丈夫にしたり、自律神経や感情や脳の働きをよくしたりしています。

 

そしてもうひとつ、黄体ホルモンと呼ばれるもので、プロゲステロンと呼ばれています。これは排卵を機に周期手的に分泌されるものでもあります。
そして子宮内膜の成熟を促したり、子宮筋肉の緊張を緩和している妊娠に関わっているホルモンです。

 

思春期ではこれらの女性ホルモンが活発に分泌されるということがあります。

 

しかし、この時期にコレステロールの摂取が足りなかったということや、ストレスなどでホルモン分泌が悪かったりすることで、バストの発育は妨げられるということがありますよ。

 

それで、バストアップをして旨を大きくするためには、これらのホルモンバランスを整えるということで、女性ホルモンの分泌を増やすことが大切になってくるということです。

 

エストロゲンは乳管の発育を促し、プロゲステロンはエストロゲンと乳腺の発育を促すということがあります。

 

それが確認できるのが、妊娠した場合には胸が大きくなってくるということがありますよね。

 

バストアップのためには、ホルモン分泌を促すために「栄養を充分に摂る」ということなどがあります。

 

ほかに体操やエクササイズ、マッサージを行うこと、ストレスを溜めないということなどが大切です。

バストアップマニュアル体験レビュー

 

>>バストが実際に大きくなった写真付体験談はこちら


このページの先頭へ戻る