バストアップ 簡単

⇒⇒胸が変わった!当サイトで1番売れている商品はこちら

ラクトゲン受容体ってなに?

あまり聞いたことがないような名前、ラクトゲン受容体。
これも人の体内組織のひとつで、女性のバストを大きくしてくれる組織です。

 

体内組織のひとつでバストを大きくしてくれる組織、ではあるのですが、まだ身体学的にも医学的にもバストアップとの因果関係がはっきりしたものではありません。

 

ラクトゲン受容体自体の存在は確認されているので、これから徐々にその関係性も明らかになってくるものだと思われます。
正確なデータ分析がされているわけではないのですが、バストが育つための受け皿的役割を果たしてくれる組織として注目されています。

 

このラクトゲン受容体は成長期に女性の乳腺内にできるもので、「ラクトゲン受容体」という名前がつけられたことにもきちんとした意味があるのです。
受容体というものは体の外側と内側、両方からの刺激を受けることで反応する器官、または細胞のことを指しています。

 

ラクトゲン受容体の場合は「成長ホルモン」の作用によって胸が大きくなる、要するに成長ホルモンの刺激に反応する組織というわけですね。

 

一般的に女性の成長期は12歳から18歳の間といわれており、この期間内にラクトゲン受容体が作られていくことになります。

 

成長期なので、成長ホルモンの分泌も盛んな時期であり、その結果、体の成長と共にバストも大きくなっていくわけです。

 

ただ、このラクトゲン受容体は必ずしも全ての女性にあるものではないんです。
学会でラクトゲン受容体が一生できない人も存在する、という発表もされています。

 

全く存在しない場合以外にも、ラクトゲン受容体の成長が遅いということもあります。
体の成長に個人差があるのと同じように、ラクトゲン受容体も成長に個人差があるんですね。

 

大抵は思春期頃に成長するラクトゲン受容体ですが、20代、30代となってから成長することもあります。
この時期に成長ホルモンが分泌されていると、成人してからでもバストが大きくなります。

 

大人になってから胸が成長した、という人は成人してからラクトゲン受容体が成長し、そこに成長ホルモンが作用したから、ということです。

 

この成長ホルモンですが、成長期に分泌のピークを迎え、20歳を過ぎると分泌量が徐々に減り始めます。
睡眠前に軽い筋トレを行い、たっぷり睡眠をとることで分泌を促すことは可能です。

 

ちなみに、ラクトゲン受容体を意図的に作ることは不可能なようです。
自然に成長をしていくのを待つしかなく、無理やり作ろうとしたところでその方法は今現在存在していないということです。

バストアップマニュアル体験レビュー

 

>>バストが実際に大きくなった写真付体験談はこちら


このページの先頭へ戻る