バスト 成長期

⇒⇒胸が変わった!当サイトで1番売れている商品はこちら

構造から見る胸の成長の仕組み

 

胸の成長の仕組みを知る為には、胸の構造を知る必要があります。
一般的に「胸」とは「乳房」の事を意味します。

 

乳房は、その構成の9割が脂肪から出来ていると言われています。
残りの1割は、乳管、線房、乳線葉等に代表される乳腺組織から構成されています。

 

そして、この乳房をささえる筋肉が大胸筋です。
ふくよかな女性が乳房が大きな傾向にあるのは、この乳房の構造からも理解できます。
皮下脂肪が豊富な方は、自然に乳房の脂肪も豊富になりやすく、結果として、乳房も大きくなる傾向にあるからです。

 

女性が初潮を迎える1年ほど前から、乳腺の発達が始まります。
乳頭期、乳輪期、乳うん期と呼ばれる時期です。
乳頭、乳輪が拡大し始め、乳腺が発達します。

 

そして、初潮を迎えて1年前後してから、乳房第一期、乳房第二期になります。

 

この時期に乳房全体が膨らみ始め、乳房の形が出来始めます。
初潮から1年以上後に、成熟期、成長期に至ります。

 

乳腺の発達が加速し、乳房から乳輪が隆起する等の現象が認められます。

 

この時点で、成人の乳房と形状的にはそっくりになります。
最終段階として、乳腺が徐々に発達していきます。
最終的に、個人差はありますが、乳腺の発達が完了するのは、平均して18歳前後だと言われています。

 

成長した乳房の大きさは、乳房を構成する脂肪量、乳腺の発達具合に比例します。
従って、成長期に適切な栄養を取る事ができたか、乳房の発達を抑圧する様な下着をつけていたか等も、外的要因として関係するのです。

 

また、上記の思春期以外にも乳房が成長する時期があります。

 

それは妊娠から出産にかけての時期です。
この時期は、産まれてくる赤ちゃんの授乳の為に、乳腺が驚異的に発達します。
個人差もありますが、胸のサイズが平均して2カップ位大きくなる様です。

 

授乳が終わると、どうなるかですが、これも個人差があります。
ほとんどの場合、元のサイズに戻りますが、大きくなったままサイズを維持する方や、中には、元よりも胸が小さくなる方も。

 

では、なぜこれらの胸の成長が引き起こされるのでしょうか。
それは女性ホルモンの分泌が理由です。

 

女性ホルモンにはエストロゲン、プロゲステロンの2種類の女性ホルモンがあります。
このどちらも胸の成長には欠かせない存在です。

 

エストロゲンは胸の成長の他に、丸まった女性らしい体つきを作り上げる働きをするホルモンです。
プロゲステロンは、妊娠等、女性特有の現象に関わるホルモンです。
これらの女性ホルモンの分泌が、胸の成長のキーワードなのです。

バストアップマニュアル体験レビュー

 

>>バストが実際に大きくなった写真付体験談はこちら


このページの先頭へ戻る