バストと女性ホルモン

⇒⇒胸が変わった!当サイトで1番売れている商品はこちら

【ゆいかさん】バストアップラボ体験記20日目

【まさかの不正出血】

 

実施20日目。
前回の早まった月経より、17日後(月経開始日を1日目と換算するので、17日目)に出血しました。

 

婦人科を受診したところ、日数的に恐らく排卵出血だろうという診断でした。(排卵していたようなので)
しかし、バストアップラボのことを伝えると「不正出血かもしれない」と診断内容が変化しました。

 

プログラムの概要を話したところ「多少なりとも影響を与える可能性はあるが、確証はない」と、なんとも曖昧な返事でした。

 

サプリメントならば、ホルモンバランスが崩れ「不正出血」になりやすいそうです。
健康体の女性が過剰に女性ホルモンを摂取するのは良くない。

 

女性ホルモンを人工的に与える必要があるのは、婦人科系の病気を患っている人。
だそうです。

 

ですので、バストアップラボのようなストレッチやツボ押しによって、急激に乱れる・体調がおかしくなる、といった事はあまり無いようです。
しかし、「あまり無い」だけで「完全に無い」わけではありません。

 

現時点では、様子見との最終診断で、2、3日で治まるだろうとのことでした。

 

もしこの症状が2、3ヶ月続くとなれば、再受診、そしてガン検診です。
その時は、このバストアップラボの実施をやめなければいけません。

 

私は今まで、一度しか不正出血を経験したことがありませんでした。
その時の原因は、過労とストレス。

 

もう何年も前の話ですが、当時は生活環境の変化が目まぐるしく、睡眠もロクにとれない日々が続き、心身ともに疲れきっていたのです。
ただ、月経は予定通りにきていましたし、

 

それ以降は正常に戻り、病気の心配もありませんでした。

 

今回においては、生活環境は変わっていない・特にイライラする事もない、と私自身は至って普通のつもりでした。

 

ただ、やはり「バストアップラボを開始した」ことと「前回の月経が早まった(排卵が早かった)」ことは、無関係とは言い切れないと思います。

 

バストアップラボを実施される際には、基礎体温を付けながら実施することをお勧めします。
もし私と同じような症状が見られても、それが排卵出血なのか不正出血なのか、判断しやすいからです。

 

バストアップラボを続けて良いのかどうかと不安な気持ちになったり、病気の心配をしてしまう状況を避けられます。

 

プログラムを少し控えめにして、様子を見ながら実施を継続していきたいと思います。

 

バストアップラボ体験レポートの経過 (ゆいかさん)

 

体験1日目…ホントに効果があるか実証!

 

体験6日目…プログラム通りで少しの変化

 

体験10日目…持ち上がった!?

 

体験14日目…ノンワイヤーブラがパンパンに

 

体験20日目…まさかの不正出血

 

体験30日目…バストの形状がよくなった

 

体験談まとめ…バストアップラボを実施して

 


 


>>バストアップラボで気軽にバストアップ!<<


このページの先頭へ戻る